ページの先頭です

下請法運用基準(ガイドライン)13年ぶりの改正!

下請法ガイドライン改正についての実務対応、改正内容の総点検

~下請法の運用強化の一環としての下請法ガイドラインの改正に関する留意点、対応策を徹底解説~

セミナーNo.29-1118

アベノミクスの効果を実行あらしめるため下請法の運用を強化することは、政府の既定の方針であり、その一環として下請法ガイドラインが13年ぶりに改正されました。今回の改正では、違反行為に該当するおそれのある事例数を従来の66から141まで75の事例を増やして、違反行為がどのようなものであるかについて事業者に対して周知徹底を図るとともに、ガイドラインに添って下請法の運用強化をする旨明示したものといえます。新たに追加された事例については周知のものもありますが、今後の運用次第では親事業者にとって脅威となるものも含まれています。本講義では、パブリックコメントで出された意見とこれに対する当局の見解にも言及の上、改正の詳細について解説致します。
本セミナーは3月13日(月)の同セミナー追加開催分です。

対象 法務・総務・資材・購買・調達・外注部門等の幹部・スタッフ
開催日時 2017年4月26日(水) 13:30~17:00
会場 航空会館 会議室
東京都港区新橋1-18-1
参加費
特別会員 普通会員 非会員
23,760円 25,920円 29,160円
 うち消費税(8%) 1,760円 1,920円 2,160円
1社2名以上ご参加の場合は1名につき2,160円の割引をいたします。
(テキスト代を含みます。不参加の場合も返戻はいたしません。)

講師

村田 恭介氏

きっかわ法律事務所 パートナー
弁護士
村田 恭介 氏

略歴
1995年弁護士登録。1984年関西学院大学法学部卒業、2001年神戸大学法学研究科博士課程修了、法学博士(経済法)。弁護士登録当時から数多くの独禁法事件を手がける。また、実務家でありながら独禁法の研究を長年続け、論文を多数執筆。クライアントの殆どは上場企業であり、取扱う案件は、独禁法(ライセンス契約、取引等)に関する法律相談から審判事件、独禁法訴訟と多岐にわたっている。
きっかわ法律事務所では独禁法事件の受注に力を入れており、同事務所の独禁法専門チームの責任者。

主著
「これだけは知っておきたい 独禁法」「Q&A実務における下請法の留意点」「独禁法上の企業結合規制の基本と実務における留意点」「ライセンス契約における独禁法上の留意点」「独禁法規制における「地理的範囲」」「独禁法訴訟の活性化についての展望」「独禁法訴訟についての一考察」他(以上主要論文など)

講義内容

  • 1.下請法ガイドラインの改正に至る経緯
  • 2.下請法の対象となる取引
  • 3.親事業者の禁止行為(75の追加事例の解説)
    • (1)受領拒否
    • (2)支払遅延
    • (3)下請代金の減額(*重要)
    • (4)返品
    • (5)買いたたき(*特に重要)
    • (6)購入・利用強制
    • (7)不当な経済上の利益の提供要請(*重要)
    • (8)不当な給付内容の変更及び不当なやり直し(*重要)
  • 4.パブリックコメントで出された主要な意見とこれに対する当局の見解
  • 5.下請代金の支払い手段について
  • 6.今後、下請法の運用に関して注意すべき点とは

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20170426

開催月で探す

キーワードで探す

松下直子人事教室
現場の上司力講座
  • みずほイブニングセミナー
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • エコノミストEyes
  • コンサルタント・オピニオン
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ