ページの先頭です

文書の電子データ化にあたっての法的要件の確認とペーパーレス化の具体的な進め方

最新 電子帳簿保存法改正の概要・実務対応とスキャナ保存を活用した業務効率化の進め方(12/4~12/25配信)

2020年度改正の概要・電子データ保存の要件から効率化プロジェクトの具体的な進め方・ペーパーレス後の経理業務まで

セミナーNo.20-11231

webセミナー ウェブセミナー オンライン

2015年度、2016年度と続いた電子帳簿保存法の改正によって、スマホやデジカメも使用しながら、契約書・請求書・領収書を含む国税関係帳簿書類を電子データとして保存することが可能となりました。2019年度はさらに、承認以前の過去の請求書や領収書といった書類のスキャナ保存も認められることになり、今後も継続的に制度整備が進んでいく予定です。紙文書の電子データ化・ペーパーレス化は、会社経営にとって今まさに考えなければならない課題であり、電子化が進展することで、保管コストの大幅削減やデータ活用など業務を飛躍的に効率化させることが可能です。本セミナーでは、文書の電子データ化を進めるにあたっての税務上の要請事項や管理要件を解説するとともに、具体的なプロジェクトの進め方やペーパーレス後の経理実務における留意点、2020年度税制改正に伴う緩和内容も含めて説明します。電子帳簿保存法の緩和により徹底的に業務の効率化を考えたいという方におすすめの内容です。
※2020年11月25日開催セミナーを収録。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
対象 経理、総務、法務、購買・物流、情報管理・システム部門幹部・担当者
申込期間

配信期間
<申込期間>2020年11月5日(木)~2020年12月17日(木)
 ※受講料入金期限:12月22日(火)
<配信期間>2020年12月4日(金)~2020年12月25日(金)
 ※視聴可能期間:動画視聴ページログインから1週間(12/25まで)
 ※視聴時間:約210分
受講料
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
25,300円 27,500円 30,800円
 うち消費税(10%) 2,300円 2,500円 2,800円
★テキスト代を含みます。
★お取消やご参加の流れ等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

佐々野 未知氏

コントロールソリューションズ㈱
代表取締役社長
公認会計士
佐々野 未知 氏

略歴
上智大学経済学部卒業。大原簿記学校講師、青山監査法人(当時)勤務を経て、1998年KPMGニューヨーク事務所に入社。2002年以降は、KPMG東京事務所(現あずさ監査法人)にて外資系企業の法定監査、デューデリジェンス、SOX法対応支援業務を担当する。現在は、経営コンサルタントとして、内部統制構築支援やIFRSコンバージョン支援に携わるとともに、各種実務セミナー講師としても活躍中。豊かな経験に最新の情報もふまえ、随所に事例・設例を織り込んだ実務本位の明快な指導には定評がある。

主著
「フローチャート式ですぐに使える 内部統制の入門と実践(第2版)」「内部統制の評価・活用ノウハウ ムリ・ムダ・ムラをなくしてIFRSs、ERMへ展開」(いずれも中央経済社)ほか多数。

講義内容

  • 1.電子帳簿保存法改正の概要と規制
    • (1)電子データの保存に関する法律~e文書法と電子帳簿保存法
    • (2)電子データでの保存が許容される文書の範囲
    • (3)過年度および2020年の電子帳簿保存法の改正概要
  • 2.電子データ保存の要件詳細と必要な内部統制の整備、税務署長への申請手続
    • (1)電子データの保存要件(スキャナ保存:電子化文書)
      ~入力期限、タイムスタンプ要件、規程整備等
    • (2)電子データの保存要件(電子文書の保存:帳簿と電子書類)
      ~帳簿の範囲、訂正・履歴の確保等
    • (3)税務署等への申請の手続
    • (4)電子取引に係る取引情報の保存要件、印紙税との関係
  • 3.ペーパーレス化プロジェクトの具体的な進め方と導入にあたっての実務上の留意点
    • (1)導入プロジェクトの期間・スケジュール
    • (2)ペーパーレス化のメリットとデメリット
    • (3)導入プロジェクトの進め方と留意点
      ~対象帳簿書類の検討、システムの検討、現状からの変更点分析、規程類の整備
  • 4.ペーパーレス後の業務 ― 定期的な検査、PDCA、業務効率の改善効果
    • (1)定期的な検査の実施要領 ~検査手続きと確認ポイント、サンプルの抽出方法、検査での確認事項、文書の廃棄
    • (2)不備の検出から再発防止策の策定まで~PDCAサイクル
    • (3)ペーパーレス後の業務効率化事例

※最新の動向により、上記内容を一部変更させていただく場合がございます。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20201201

開催月で探す

キーワードで探す

新型コロナウイルス感染防止策について
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う「みずほセミナー」開催の中止について

年間スケジュール

  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
  • みずほ総研広報メディア  Web Highlights
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほ総合研究所株式会社  人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ