ページの先頭です

驚くほどわかりやすく、実務に直結

『簿記・経理事務と決算書』入門(4/2~4/30配信)

簿記・仕訳のテクニックを徹底理解し、経理業務の基本・決算書の読み方までをマスター

セミナーNo.21-10437

No.L-2 webセミナー ウェブセミナー オンライン

○経理業務に新たに携わることになったので、苦手意識を持つことなく簿記をマスターしたい。
○日常業務で迷うことの多い仕訳や間違えやすい処理を再確認し、レベルアップにつなげたい。
このような方を対象に、簿記の基本の基本から経理業務の基本・決算書の読み方まで、豊富な演習を交え実践解説いたします。基本となる考え方・仕訳から丁寧に講義いたしますので、簿記の知識が全くない方でも安心してご参加ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
対象 新任経理担当者・新任経理幹部、経営幹部
申込期間

配信期間
<申込期間>2021年3月4日(木)~2021年4月20日(火)
 ※受講料入金期限:4月22日(木)
<配信期間>2021年4月2日(金)~2021年4月30日(金)
 ※視聴可能期間:動画視聴ページログインから1週間 ※視聴時間:約330分
受講料
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
27,610円 29,810円 34,210円
 うち消費税(10%) 2,510円 2,710円 3,110円
★テキスト代を含みます。
★お取消やご参加の流れ等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

松田 修氏

松田会計事務所所長 麻布ブレインズ・スクール代表 税理士
松田 修 氏

略歴
昭和61年、税理士試験合格。村田簿記学校講師(法人税法・簿記論担当)として活躍後、辻会計事務所(現 辻・本郷税理士法人)入所。数多くの企業の会計・税務業務や経営相談などを経験し、独立。現在、税理士 松田会計事務所所長、簿記・税務の専門スクール「麻布ブレインズ・スクール」の代表を務めるほか、各種実務セミナー講師としても活躍中で、丁寧でわかりやすい解説はもちろんのこと、実務で役立つ事例解説が評判で、受講者から絶大な人気を誇っている。

主著
「演習問題でしっかり身につく!挫折しない簿記入門」「はじめてわかった決算書 ― プロのコツ」「Q&A 国際税務と海外勤務者・非居住者の税金」「資金繰り改善とキャッシュフロー計算書作成ここがポイント!」「Q&Aで基礎からわかる固定資産をめぐる会計と税務」「会社のお金がとぎれない!社長の現ナマ経営」「Q&A経理担当者のための税務知識のポイント」ほか多数

講義内容

レベル表記

 ~ご受講にあたって~
■本Webセミナーでは、受講時に講師著書を使用します。受講料のお振込みが確認でき次第、書籍を発送いたします。
■書籍が届きましたら、お手元にご準備の上、ご受講ください。
■セミナー受講の際は、電卓(演習で使用)をご用意ください。

Ⅰ.簿記の基礎と経理事務(勘定科目・仕訳・伝票起票)
    • 1.簿記の2つの最終目的をしっかり理解する
      • (1)【目的1】今どれだけの利益が出ているか?
      • (2)【目的2】今どれだけの財産があるか?
    • 2.貸借対照表と損益計算書はどのような構造になっているのか
      • (1)貸借対照表を理解する3つの構造
        • ①資産とは、現金などのプラスの資産
        • ②負債とは、借金などのマイナスの財産
        • ③純資産とは、資産から負債を差し引いた「正味の財産」
      • (2)損益計算書に計上されるもの
        • ①収益とは、売上などの「収入」をいう
        • ②費用とは、給料・家賃・広告宣伝費などの「経費」をいう
        • ③「純利益」と「純損失」の計算方法
    • 3.簿記を理解する大前提=「勘定科目」の意味を徹底理解
      • (1)勘定科目の体系はどのようになっているか
      • (2)紛らわしい勘定科目を徹底理解
    • 4.苦手意識を持たずに仕訳が理解できる「意外とカンタン仕訳法」
      • (1)「取引」とは何か
      • (2)実際に「仕訳」に挑戦してみよう
        • ①会社を設立した時の仕訳
        • ②商品を仕入れたとき売上げたときの仕訳
        • ③商品を値引又は返品したときの仕訳
        • ④売上代金の回収、仕入代金の支払
        • ⑤備品などの資産を購入したときの仕訳
        • ⑥銀行から借入れをしたときの仕訳
        • ⑦利息とともに借入金を返済したときの仕訳
        • ⑧広告宣伝費や水道光熱費などの費用を支払ったときの仕訳
        • ⑨給料を支払ったときの仕訳
        • ⑩出張の際、交通費などを概算払いしたときの仕訳
      • (3)経理実務で良くある質問・間違えやすい仕訳をみてみよう
        • ①振込料が差し引かれて入金されたら
        • ②振込料を差し引いて代金を支払ったとき
        • ③パソコンなどの購入 ― 費用なのか資産なのか
        • ④商品が売れなくなったらどう処理する
        • ⑤代金が回収できなくなったらどう処理する ほか
    • 5.出納帳・伝票を実際に記入してみよう
      • (1)現金預金出納帳・入金伝票・出金伝票・振替伝票の記入
    • 6.転記を理解し、試算表をマスターしよう
      • (1)総勘定元帳の説明と転記の方法
      • (2)合計残高試算表を作成してみよう
Ⅱ.決算業務
    • 1.「売上原価」を計算する
      • (1)「売上原価」の計算法とは
      • (2)「棚卸し」の役割とは
      • (3)「棚卸し」が不正確だと、利益にどう影響するか
    • 2.減価償却の意味と計算方法
      • (1)機械・車両・備品などの資産はどう費用に配分されるか
      • (2)実際に減価償却の計算をしてみよう
      • (3)古くなった車両や備品を売却したり、除却したときの処理
Ⅲ.決算書の見方・読み方
  • 1.「損益計算書」の5つの利益から読み取れること
    • (1)売上総利益
    • (2)営業利益
    • (3)経常利益
    • (4)税引前当期純利益
    • (5)当期純利益
  • 2.「損益計算書」からこんなことが読み取れる
    • (1)売上原価率・売上総利益率・・・利益は適正か
    • (2)営業利益率・経常利益率・・・収益性は良いか
    • (3)営業利益に占める正味支払金利の割合・・・利息の支払いに無理はないか
  • 3.「貸借対照表」からこんなことが読み取れる
    • (1)資産を見るポイント・・・不良債権はどこに隠れているか
    • (2)負債を見るポイント・・・返済を迫られているか
    • (3)純資産を見るポイント・・・内部留保は充実しているか
  • 【受講者の声】
    • ・基本が何もわからなかったのですが、難しい言葉を使わずに説明して下さったので、よく理解することが出来ました。
    • ・直接の経理担当ではありませんが、経理業務の土台を理解できたので、経理部との仕事もスムーズに行えるようになりそうです。
    • ・講義内容がわかりやすく、スピードもちょうどよかったので、よく理解することができました。
    • ・今後の自分の業務の遂行にあたり、大変役に立つ内容でした。
    • ・説明が丁寧でわかりやすく、楽しく受講させていただきました。
    • ・演習の時間が多くて良かったです。
    • ・楽しく講義を進めて下さったので、少しも眠くなリませんでした。
    • ・講義のスピードも丁度よく、実務に役立つ面白い雑談があり、あきることなく受講できました。
    • ・わかりやすい説明と資料でしたので、よく理解できました。
    • ・とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。
    • ・簿記をまったく知らない状態で受講したが、簿記の成り立ちから会社の経営の指標まで学べてよかったです。

演習がありますので、受講の際は電卓をご用意ください。

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20210401

開催月で探す

キーワードで探す

新型コロナウイルス感染防止策について
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う「みずほセミナー」開催の中止について
  • メルマガ配信を希望する
  • 企業内研修
  • 通信教育講座
ページの先頭へ
フッターの先頭です
お問い合わせ先

みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社
人材育成事業部(みずほセミナー担当)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-2-1  TEL 0120(737)132 FAX 0120(737)219

このマークは、ウェブサイトを安心して
ご利用いただける安全の証です。
ページの先頭へ