ページの先頭です

リスクを回避するための契約書の実務

業務委託契約書の重要チェックポイント
(12/8~1/11配信)

様々な場面で生じやすい実務上の疑問点を整理し、契約書の事例に基づいて条項例を解説

セミナーNo.21-11203

webセミナー ウェブセミナー オンライン

委託する内容により法的性質が決まる業務委託契約においては、内容を精査した上でいかなる法的性質を有するものか見極めることが重要であり、加えて民法のみならず下請法などさまざまな法律が関係することも考慮に入れる必要があります。本セミナーでは、契約書の内容を起案してチェックする法務部などの間接部門の方々や、取引先との間で交渉して契約書を締結する部門の方々を対象に、委託者・受託者間のトラブルや様々なリスクの回避に必要な考え方と、実効性の高い契約書を作成するための重要チェックポイントをわかりやすく解説いたします。
※2021年11月24日開催セミナーを収録。来場型セミナーのお申し込みはこちら

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷
みずほWebセミナーの視聴環境について
対象 総務・法務・人事・システム開発その他、業務委託関係部署担当者~幹部
申込期間

配信期間
<申込期間>2021年9月13日(月)~2021年12月16日(木)
 ※受講料入金期限:2021年12月22日(水)
<配信期間>2021年12月8日(水)~2022年1月11日(火)
 ※視聴可能期間:動画視聴ページログインから1週間 ※視聴時間:約220分
受講料
ゴールド会員(旧特別会員) シルバー会員(旧普通会員) 左記会員以外
25,300円 27,500円 30,800円
 うち消費税(10%) 2,300円 2,500円 2,800円
★テキスト代を含みます。
★お取消やご参加の流れ等については、「お申込みの流れ」をご覧ください。

講師

太田 大三氏

丸の内総合法律事務所 パートナー 弁護士
太田 大三 氏

略歴
東京大学経済学部卒。平成8年司法試験合格、平成11年弁護士登録。平成15年任期付公務員として特許庁に勤務、改正特許法立案に従事。幅広い知識と豊富な経験による、実務の視点に立ったわかりやすい講義に定評がある。

主著
「3時間で分かる消費者契約法Q&A」(中央経済社、共著)「職務発明規程の実務ハンドブック」(商事法務)「人事・総務部員のための契約書作成の基礎から実務」(政経研究所)「会社書式大全」「株式会社議事録大全」(かんき出版、共著)など。法律専門誌等でも多数執筆。

講義内容

  • 第1 業務委託とは
    • 1 業務委託の法的性質
    • 2 業務委託契約書における一般的な記載内容
  • 第2 業務委託契約書におけるリスクと、実務的な注意点
    • 1 下請法との抵触
      ~どのような業務委託契約に、下請法が適用されるのか
    • 2 偽装請負、偽装(準)委任
      ~どのような場合に、偽装請負、偽装(準)委任と評価されるのか
    • 3 業務委託契約における委託者と受託者との間のトラブルは
      ~委託業務契約におけるトラブルは、どのようなものが多いのか
    • 4 業務委託契約書の対象となる委託業務についての条項は
      • (1)委託業務の詳細な内容を、どのように定めておくべきか
      • (2)委託業務の修正や追加に関して、どのように定めておくべきか
      • (3)成果物の品質等について、どのように定めておくべきか
      • (4)委託業務の遂行の過程で生じた知的財産権の取扱いを、どのように定めておくべきか
    • 5 ソフトウェア開発契約の留意点
      ~ソフトウェア開発契約の契約書において留意すべき点は
    • 6 研究開発契約の留意点
      ~研究開発契約の契約書において留意すべき点は
    • 7 個人情報の取扱について
      ~個人情報保護法との関係は、どのように理解すれば良いのか

※プログラムの無断転用はお断りいたします。
※同業の方のご参加はご遠慮ください。

みずほWebセミナーの視聴環境について

このセミナーをPDFで見る/パンフレットの印刷

20211216

みずほセミナー年間ガイド

2021年度PDF

メルマガ配信を希望する

新型コロナウイルス感染防止策について

Mizuho Membership One(MMOne)

企業内研修

通信教育講座

フッターの先頭です
ページの先頭へ